« October 2007 | Main | April 2009 »

自発的ネタバレ

最初から何故だか見ちゃってるんですよね。

『BLOODY MONDAY』

何故だか土曜の夜に家にいることが多いこの頃。
最初の長尺から見ちゃってるんですよ。

正直面白い。

あ。

「実に面白い」

とでも言っておきましょうか。

先生役の吉瀬さんもなんだかエロい
口元の影響なんでしょうがゾクゾクしますね。
ま、個人的な好みなんでしょうけど。

んで、前回の放送が終わってから。
「今後の仕事のスケジュールによっては見れないときがでてくるかもしれない…」
という危機感にさいなまれまして

コミック買っちゃった

DVDなりHDDなりに録画すればイイジャナイとか考えない。
そんなシロモノ、うちにはない!
前から欲しい欲しいとは思ってるんだけど、そのたびに違うものを購入してしまい。
家に帰ってから「おいおいおい。こんなんよりも必要なものがあったんじゃないのか!」
と気付かされるもので。
とはいうものの。
なけりゃないで、まぁ諦めもつくのも事実。
だからレコーダーがない我が家。

で、さっきのコミックなんですが、最初は3冊だけ買ったんですよ。
テレビよりも先に進んでしまうことに迷いを感じて。
でもね。翌日

4冊買い足し。

いやぁ、先進んじゃったよ、おじさん。
まぁコミックとテレビとでは、ところどころストーリーが違うとこもあり
読んでしまっても楽しめそうな気がします。

個人的には吉瀬さんにはコミックどおりにもう少しエロい服装を希望したいところですが。

これからもまだまだ目を離せません。(吉瀬さんの口元から)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まだまだ生きてます

あ、どうも。

僕です。

まだ生きてますよー。

ちょっとばかし生活に余裕も出てきたので

ちょっとずつ更新していこうかと。

誰に期待されるわけでもなく

生きてる証にでもなれば。

とまぁ挨拶はこんな程度で。


で、あの例の「大阪梅田ひき逃げ事件」なんですが。

仕事上、あのあたりに行くことが多いのですが事件翌日、辿ってみました、あの3キロにもわたる血痕を。
正直強烈でした。
被害者の年齢とか家庭環境とかの情報も入ってきてたのでなおさら悲惨さが増して感じられました。
引きずられた状況からして低速で当たったということもその時点で推測できたので
おそらく被害者は生きた状態で引きずられ始めただろうと考えただけで
全身から血の気がひきました。
最初は現場から事務所までの帰り道に重なる部分だけを辿るつもりでしたが、色々考えてるうちに「(被害者の無念さを痛烈に感じ)最後まで見なければならない」という気持ちになり、結局振り落とされたであろう某ファミレスの前まで辿ることになりました。

実際に辿ってみて、その時点で感じたこと。

犯人はおそらくノンブレーキで走り抜けているなと。
振り落とそうとして蛇行してるのではなく、走行車両を必死で避けて走った結果が蛇行なのではないかと。
引きずっている感覚はほぼなかったのではないかと。
とにかく逃げてる感が強い。
そもそも振り落とすなら止まるはずではないかと。

あの事件以来、ずっと気になってしょうがありませんでした。
被害者、遺族の無念さは半端じゃないだろうと。

事件の重大性、残虐性からして犯人はもしかしたら自殺でもしてるかも知れないなと思っていたのですが。
周知のように犯人はのうのうと生活していたようです。
常識というか、普通の感覚からして、おそらくありえない状況だと思います。
これから色々と犯人の身辺が明らかになっていくのでしょうが
もし、こういった犯人の感覚が

「今の時代の普通」

になってきているとすれば恐ろしいことです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2007 | Main | April 2009 »