« December 2006 | Main | March 2007 »

頭痛は痛いのか

今回もまた個人的な疑問について。

皆さんも川に行くとよく目にすると思いますが、その河川の名称が書かれた看板がありますよね?

もしかしたら、ここまでで「こいつ、もしかして…」と気付く人も何人かいるかもしれません。
僕はずっとずっと気になってたんです。

例えば「木津川」。
これを見てください。
Photo

 
 
 
 
 
 
「木津川=きづがわ=kizugawa」

まぁこれはいいでしょう。
(変換的にはkidugawaだがローマ字的には正解→ローマ字表参照)

が、その後ろに何か付いてますよね?
そう。

「Riv.」

これは間違いなく「River(川)」の略です。
決してリブロースの略ではないでしょう。(リブロースは「Rib」)


ということはですよ。
もう一度看板に戻りますが、純粋な少年のような心で見るとこれはどう見ても

「きづがわがわ」。

違いますか?

これはすなわち

「頭痛が痛い」。

違いますか?
(頭痛が「する」、もしくは頭痛が「ひどい」)

これは多分、このモノが「川」ですよということを強調したいんです、きっと。
海や湖などではなく、「川」なんだと。

いや、どう見ても川だろ、川。

かといって全部が全部「川川」になってるかといえばそうでもなく
『多摩川』や『淀川』なんかは一部の標識ではそれぞれ『Tama Riv.』『Yodo Riv.』となってるんです。

是非誰かこの疑問への納得のいく答えをお願いします。

じゃないと頭痛が痛(ry

ps.本日よりさすらいリストラにつきハーボット復帰。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サンタクロースの存在意義

今回は時期はずれもいいところのネタでいきます。

子供が生まれてからずっと気にはなっていたのですが

『サンタクロースの存在』

というものをどう捉えるか。

一般的には「クリスマスの夜に良い子の枕元の靴下にプレゼントを入れて行ってくれるオジイサン」という解釈でいいんでしょうか。
まずここまででも違った捉え方があるんですよね。

例えば

「クリスマスの前の日の夜に置いて行って、クリスマス当日には子供がそのプレゼントに喜びを感じる」日程配慮型。
「良い子じゃなくても、これで良い子になってね。」的な更生利用型。
「靴下じゃ入らないから脱ぎたてのストッキングで。」というガッツキ型。
「オジイサンとは失礼なっ!」定年後でもまだまだ現役型。

とまぁ、色々な解釈というか捉え方があるわけですよ。

これはこれでいいでしょう。
この部分に関しては僕は何も引っかかるところはないんです。
好きなように、親の都合のいいように改良しておけばいいんですよ。

そこで本題です。
僕はふと思ったのですよ。

「サンタさんがプレゼントをくれる」

そもそもこの部分が間違ってる、と。

よくクリスマス付近になると子供に向かって
「そんなワガママばかり言ってたらサンタさん来てくれへんで!」
という親を多く見かけます。

違うんです。
サンタさんが来るかどうか(プレゼントを与えるかどうか)は全て親に決定権があるんです。
サンタさんの意思なんて全く関係ない。

とするとですよ
「サンタさんがプレゼントをくれる」
のではなく
「サンタさんがプレゼントを届けてくれる
と言うのが正しいのではないかと。

そこで僕が考えるサンタクロースの存在の形はこうです。

「親がサンタさんにプレゼントを発注し、その注文書に従って期日指定配達をサンタさんがしてくれる」という形。

すなわち

サンタクロース=特殊配達員

なんです。

こうすることで子供としても
「サンタさん、ありがとう!」
ではなく
「お父さん(お母さん)、サンタさんに頼んでくれてありがとう!」
と素直に親に感謝することができ、また親からしてもサンタに手柄を取られずに済むわけです。

子供が言うことをきかないときなどは
「サンタさんが来ないぞ」
ではなく
「サンタさんに頼まへんぞ」
と言う方がリアルに緊張感があると思うのですよ。
親が頼まない限り絶対にサンタは来ない、という図式ができあがるわけですから。



親  →  サンタクロース  →  子供
   発注           配達


これが「僕的サンタクロースの存在」の結論ですね。

とりあえず今年度のクリスマスはこれでいきました。
来年からもこの考え方で子供を育てていきます。
曲がった大人になったら遺書に一言「すまん」とでも書いておきます。


PS.クリスマス前に下書きで残ってたのを今回書き上げただけだったりします。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

日記の移転

ヤプースのサービス廃止(3月いっぱい)に伴い日記をヤプログに移転しました。
なんかブログにブログが付属してわけがわからない状況に…。
基本的にしょうもない内容の時にはヤプログ(DIARY)の方に更新します。
「どっちもしょうもないじゃないか」とか言わないように。

PS.最近、『戦場の絆』はじめました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | March 2007 »