« February 2005 | Main | June 2005 »

バーレーン戦(ホーム)後記

ドイツW杯アジア最終予選第3戦、バーレーン戦が埼玉スタジアムで行われました。
結果は皆さんも御存知のように

1-0

で日本の勝利。
正直、この結果には胸をなでおろしました。
これでまだW杯出場の可能性は残りました。


しかし、相変わらず問題点はいっぱいです。

1.切り替えの遅さ

まず試合開始から目に付く

「切り替えの遅さ」

守備から攻撃に移る際のテンポアップがあまりにもなさすぎました。
前線にボールが届く頃には相手の守備が整っている状態。
こんなことで点がとれるわけがありません。
勝ちが最低条件の試合でこれでは先が思いやられます。

 
2.決定力の無さの原因

アレックスの鋭いセンタリングに、フリーだった高原が合わせ損なってゴール上にふかしたシーンがありました。
これをただ「高原に決定力がない」と判断するわけにはいきません。
よく日本代表のFWには決定力がないという話を聞きますが実際にはそうではありません。

「シュートを打ち慣れない」

ことが原因なのです。
どんなに巧い選手でも試合でシュートを打ってなければ調整がききません。
このシュートまで高原は全くシュートを打つ状況に至っていませんでした。
このシーンまでに高原が何度かシュートチャンスを迎えていたらあのシュートは先制ゴールとなっていたでしょう。
結果的に先ほど述べた切り替えの遅さが産んだ弊害といえるでしょう。
もっと高原に勝負させる機会を作るべきです。
中村も司令塔という立場であるならもっとサイドの選手なりを叱責するべきです。
自分のパスを出しようがない状況を改善しなければなりません。
中村にはまだ自分でボールをキープできる能力は足りません。
自分の能力を過信しすぎている可能性があります。
パス能力の高さは誰もが評価しているのですが。

 
3.玉田効果

玉田投入の後、得点が生まれました。
この先制点が何故生まれたか。

「玉田投入による相手への精神攻撃」

による部分があります。
前回の日本戦のイメージを蘇らせたのです。
嫌でも玉田に目がいくようになりますし、精神的にも「苦手」感を与えることができました。
結果的に混乱を招き、相手オウンゴールによる先制点を生み出しました。
玉田にはもう少し力をつけてもらいたい。
期待できる部分はたくさん持っているだけに今度はプレーで相手の混乱を招いて欲しいです。

 
4.不必要なイエロー

試合終了間際にアレックスがいらないイエローをもらってしまいました。
試合開始からずっとアレックスと審判の相性が悪いところが目に付きました。
アレックスが受けるラフプレーは、ほとんどノーファールで流されていました。
今後の日程を考えるとアレックスがまたイラン戦に出場できないという状況ができやすくなってしまいました。
プレーとは違うところでイエローをもらうほど無意味なことはありません。

 
それと最後にテレビ中継で

「日本快勝!!」

と銘打つのはやめてください。
おそらく誰も快勝とは思っていませんし、明らかに辛勝ですから。


さぁ、次は間があいてから「北朝鮮戦(アウェー)」です。
この試合が重要であることは間違いがありません。
下手な油断はしないことです。
まだ北朝鮮にも可能性が残っていますし、何よりも相手のホームです。
「勝てる相手」ではなく「勝たなければならない相手」であることを再認識する必要があるでしょう。
まだまだ負けられない試合が続きますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イラン戦(アウェー)後記

見事に完敗ですね。
敗因ですか?
それはですね。

 
システムエラー
 

ですよ。

まぁ簡単にシステムエラーと言っても色々あるわけで
周りでは4バックが機能していなかったとか言っているわけですが。

違いますよ。

確かに練習不足による連携の悪さは露見してましたが
問題はそこではないですよ。

「ジーコは何を目的としていたのか。」

これがまず疑問です。

1.とにかく勝利での勝ち点3を取りに行く
2.最低でも引き分け狙い
3.負けても良い

大きく分けて戦い方にはこの3通りがあると言えましょう。

そして今回、状況からして本当に求められていたのは

2.負けない戦い

だったはずです。

しかしジーコの選んだシステムと戦い方は明らかに

3.負けても構わない(結果を問わない)

としか判断できません。

 
試合前にどこまで相手の情報をつかんでいたかは知りませんが
イランが取ってくるシステムは「4-3-3」。
そして戦い方は最終ラインはほとんど攻撃参加しない形。
主に攻撃はMFより前の6人で組み立てる。
DFで奪い取ったボールは早い段階でカリミやマハダビキヤなどに展開して縦への突破から得点へ結びつけるという攻め方。

こういう相手にカウンターサッカーが有効でしょうか?

答えはNO。

ということは日本がとらなければならなかった攻め方と言えば

「細かいパスと大きなサイドチェンジを絡めた左右への揺さぶり」

しかないわけですよ。

相手のサイドの選手が攻撃参加で釣りだされたスペースへの展開。
そのスペースを埋めるべく崩れた相手の4バックのセンターをぶち抜く2列目の飛び出し。

となるとですよ。
用いるべきシステムはメンバーから考えて

「5-4-1」もしくは「3-5-2」

前者「5-4-1」の目的は

1.失点をしない。(相手のサイド攻撃を徹底的に抑える)
2.役割の完全分割(DFはDFに専念。MFより前は常に攻撃を意識)

後者「3-5-2」の目的は

1.今までのシステムへの理解度の優先
2.MFの自由な発想を活かす

ただ、今回のように「負けない戦い方」を最低条件とする試合なのであれば
今までの「3-5-2」をより守備的にした「5-4-1」が適していると思われます。

「5-4-1」だった場合、選手の配置はどうなるかと言いますと

CDFは中澤、宮本、松田。
SDFは左が三浦淳、右が加地。
そして中盤ですが
守備時はWボランチ。小野、福西。前に中田英、中村。
攻撃時はダイアモンドで、ボランチに福西、左に小野、右に中田英、TOP下に中村。
そして1TOPは高原。(もしくは柳沢)

攻撃時はそれぞれボールと逆サイドのSDFがオーバーラップ。
こうすることで展開力のある小野、中田英の長所が活きる。
正直、得点は期待度低いですが大きなDFの混乱による失点の危険度は下げられる。
失点しなければ最低引き分けられるわけですから。


まぁ僕の個人的な提案はここまでとして、試合での問題点を挙げてみましょう。

まず、玉田の先発の意図は?
北朝鮮戦でも露見したようにフィジカルとボールキープ能力の低さは明らかです。
試合の最初はロングボールを多用してましたが、狙いが間違っています。
玉田へのロングボールは無意味です。
まず高原に預けてからそのこぼれ球なりパスなりを玉田がかっさらう形ならまだ理解はできます。
せっかくのパスをあっさりとDFに追いつかれて奪われるシーンが多すぎました。
フィジカルなりキープ能力なり、どちらかがもう少し高ければシュートまで行くことが可能だったでしょう。
どちらにしても玉田にはもう少し頑張ってもらわなくてはなりません。
せっかくのスピードにテクニックが追いついてませんからね。

攻撃の意図が見えない。
先ほども述べたようにロングボール主体のカウンターサッカーなら、せっかくの中盤が台無しです。
ロングボールにも2種類あるわけで、ただ単なる縦へのロングボールは無意味でした。
必要だったのはサイドへのロングボール。
このサイドへのロングボールを生み出すためにはサイドの選手の前線への飛び出しが必要。
相手にサイドを押し込まれてからの切り替えが遅く、この試合に限ってみれば三浦淳も加地も消えた存在。

失点後のアクションが遅すぎる。
いつものことですが試合での問題点は早い段階で分かっていました。
玉田の先発失敗と役割分担の不十分さです。
玉田の先発失敗に対しては、よりボールを持ったときにしぶとく生き残れる柳沢を投入するべきです。
結果的に遅い時間帯にそれは行われましたが。
役割分担に関して言えば失点した時点で3人目のCDFを入れるべきでした。
これも玉田と交代で入れればすむわけですから。

 
 
色々と勝手に個人的な意見を述べてはきましたが
おそらくこれだけは皆さんも同じ意見でしょう。

バーレーンには勝つしかない。

ジーコがどう修正してくるか楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

山盛りの山ちゃん

名古屋フェア

なにしてくれるんだよ!


いやね。
先日(15~16日)、仕事仲間で伊勢に旅行に行って来たんですよ。
そう、仕事満載なのにね(照

伊勢方面に着くと同時にボスが

「山ちゃんってこっちでしか売ってないし、こっちでもすぐ売り切れるんだよ。買っておこう!」

と言いながら大人買い。
車の中はコンビニの袋がいっぱいです。
まだ旅館にも着いていません。

そして旅行二日目。
またもや伊勢のコンビニで大人買い。
もう、車の中は「走る山ちゃん」状態です。
まるで業者みたいです。

まぁ、旅行の話は落ち着いてから後日するとして
帰る途中にもやまちゃん話が挙がったんですよ。

「名古屋フェアって垂れ幕あったけど、これってもしかして…」

みんな、徐々に不安になり始めます。



 

予想的中。



 

競馬の予想は当たって嬉しいけど
こんな予想は当たって欲しくありません。
面白いお土産のつもりの、この「山ちゃん」。
一体どうしてくれるのさ。
これじゃ、ただの「山ちゃんマニア」じゃないですか。

 
 
もっといい真珠買えばよかった。

 
奥さん、ごめんなさい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

テレクラ練習台?

番号案内にわいせつ電話1万回=無料悪用?運転手逮捕-新潟県警

 NTTの番号案内に卑わいな内容のいたずら電話を繰り返したとして、新潟県警中央署は10日、偽計業務妨害容疑で長野県千曲市寂蒔、トラック運転手寺内健悟容疑者(38)を逮捕した。被害を届け出たNTTソルコによると、いたずら電話は少なくとも1万回以上に上るという。


その暇を分けてください。

そういえば確かに番号案内って無料だったんですね。
あまり使うことがないですし。

普通に課金されてるとしたら一体いくらになるのでしょうね。
これで無料廃止とかになったら、それこそ困る人もいるでしょう。

どういう会話がやりとりされてたのか。
下着の色とか聞いてたのでしょうか。
毎回、違う内容だったのでしょうか。
案内者の方々にも「またアイツだよ」みたいな話が回ってたでしょう。

となるとですよ。
対応マニュアルとかあってもいいはず。


男「ねぇねぇ。今日は何色の下着はいてるの?」
案内「いつも、御利用ありがとうございます。○○様ですね?」


男「ねぇねぇ。今日は何色の下着はいてるの?」
案内「はいてませんよ?」


男「ねぇねぇ。今日は何色の下着はいてるの?」
案内「今日はぁ~仕事の後ぉ~デートなのでぇ~勝負下着3番手のぉ~スケスケピンクですぅ~」


まぁ挙げればキリがなさそうです。
この男がこんな古典的な攻め方をしてるとも思えませんしね。
そもそも電話の陰で何をしてるか分かったものじゃない。
危険すぎます。

僕も悪質な勧誘電話に対して攻め返した経験はありますがね。
向こうの話もまともに聞かず、相槌と同時に

「声が可愛いね」
「いくつ?」
「今度飲みに行きません?」
「とりあえずメルアドでも」

と話し続けて相手の挫折を誘ったことが大学寮時代にありましたね。
友達が同じ勧誘電話に引っかかって、「行く」というのでついて行ったこともありました。
話を聞いていると、どうやら僕を勧誘した人間と同じ名前だったので会うと同時に

「オレ、オレ!覚えてない?折角誘ったのに返事もくれなかったねー」

って言った後、相手が気づいたときの顔が今でも忘れられません。

まぁ実際問題、オバチャンでしたけどね。

友人は危険な目に遭うまでもなく無事引き返すことができました。


とにかくですよ。
無料だからといってそういう間違った使い方はしないで欲しいですね。
そんなにしたいのなら

テレクラ行きなさい。

それで解決します。
リンリンハウスでも行ってなさい。


「いくら無料だからってこんな恥ずかしいブログやるな!」

って言わないでね(照)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

チップスター派

ポテトチップスなどの含有成分に「有害の恐れ」

ポテトチップスなどの含有成分に「有害の恐れ」
 世界保健機関(WHO)と食糧農業機関(FAO)の合同専門委員会は、ポテトチップスやフライドポテトなど高温で調理された食品に含まれる化学物質アクリルアミドについて、「健康に有害な恐れがあるかもしれず、食品含有量を低減すべきだ」との勧告を出した。
 
 加盟各国の食品安全を担当する部局に対して、アクリルアミド含有量を減らす技術を食品業界が導入することを促すよう求めている。
 
 アクリルアミドは、地下工事の土壌凝固剤などに広く使用される化学物質で、動物実験で発がん性が指摘されていた。ところが、2002年のスウェーデンの研究によって、炭水化物の多いイモ類などを120度以上で焼いたり、揚げたりした加工食品にも含まれていることが新たに判明した。
 
 厚生労働省も同年に国内製品での含有を確認しており、過度の摂取をしないように呼びかけるとともに、詳細なデータ収集作業を進めている。

みなさんはポテチ派?チップスター派?それとも?

僕は完全なるチップスター派ですよ。
ポテチも大好きですが、どちらかというとチップスター寄り。

といってもそんなにしょっちゅう食べるわけじゃないですけどね。
たまに食べるとあの塩味が絶妙。

しかしです。
最近スーパーなどで長いタイプが見つからなくなってきてるんですよ。
少子化の波なのか、ハンディタイプ愛好者の策略なのか
どうも小型のヤツしか見つからないんですよ。
これはチップスター愛食家の私としてみればとても悲しいことなんです。

長いタイプを車に積んでおけばそれこそ仕事ライフも快適なものとなるのです。
確かに酒に合うのはどちらかといえばポテチでしょう。
味の濃さが違います。
しかし運転者は飲めない。

そうです。
ポテチを食うと酒が欲しくなってしまうのです。
だからというわけではありませんが僕はチップスター派。


そうこうしてる時にこのニュース。

最近長いタイプが見られないことに納得がいきました。

 
食べ過ぎ注意
 

ということですよ。
大体どれくらい食べたら体に悪いのか分かりませんが、どちらにしても控えろということですな。
塩分も控えて高血圧も防げと。
少しでも短い方で経済的にも助かるだろうと。
貧乏人は短いのでガマンしとけってことですか(泣)

でもね。

 
あんな半端な量じゃ全然足りませんから!残念!
 

絶対、今度長いタイプを大人買いしてやる。

「ポテチは割れて歯茎に刺さる」斬り!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドーナツの分け方

幼稚園の1日体験入園がありました。
子供は約1時間ほど、決められたクラスで初めての交流。
その間、親たちは入園説明会。

どうやら今の親というのは小学生並に集中力がないようです。
確かにしおりに書いてあるので聞くまでのことではないのですが
始まって30分くらいでガヤガヤしだすわけですよ。
多分先生方は慣れているのでしょうが、少なくとも僕には奇妙な風景でしたね。

ガヤガヤがまともにおさまることもなく、無事説明会が終わり子供を迎えに行くと

泣いてやがる

わけですよ。

しかも号泣ではなく、シクシクと。
先生に聞いてみると事情はこう。

他の子供が寂しがって泣き
それに感化されたのか
お母さんがいないと寂しいと言い出した。
それでシクシク。

女々しいぞ、息子よ。

まぁ、号泣ではないのですぐに慣れるでしょう。
友達さえできれば幼稚園は楽しいところだ。


と、まぁ一通りの用事を終え、せっかく出てるからということで最寄のジャスコへ。
適当にブラブラした後に帰り際にミスドの持ち帰りを頼む。
個人的には

ポンデリング(ノーマル型)

が大好きである。
適当に10個ほど選出し帰宅。
帰りの車内ですでにポンデリング消滅。
やっぱり美味い。


晩飯の後、残りのドーナツを食べることにする。
息子は

「エンゼルフレンチ」

を選択。

そして事件はそのとき起こった。

息子が「半分あげる」といって差し出したエンゼルフレンチは

上下

(上下があるかどうかは知らないが)
に綺麗に分割されていたのである。

そう。
形はまさしく

のままなのである。

普通、僕たちがドーナツを半分に分けるとすれば半月形に分ける。
しかし◎での上下分割も確かに半分なのである。
クリームさえちゃんと分けられたら
こっちのほうがより公平な半分なのである。

半月形に分けるのは見た目を重視(クリームむき出しが絵的に綺麗じゃない)した結果なのである。

子供は時として大人の固定概念に気づかせてくれる。
固定概念が間違っているとは言えないが、少なくとも公平な判断を狂わせる原因となりうる。

せっかく子供がいるのだから、そういうわずかなところに気づく機会は大事にしないといけない。

せっかく幼稚園にお金をかけて入れるのだから保母さんを少しくらい癒しとして鑑賞しないといけない。(こじつけ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

私をスキーに連れてって。

先日、現場に向かう途中に

怪しい人

を目撃してしまいました。

場所は大阪駅前バスターミナル。
時間は大体、夜の9時前といったところでしょうか。
仕事帰りと思われるサラリーマン風の方がバスを待っておられるようです。

少し冷え込んだためロングコートに身を包んでますね。
ちょっと遅めの帰宅なのでしょう。薄めの鞄を持っておられます。
寒さに少しでも抵抗したいのでしょう。毛糸の帽子をかぶっておられます。
そしてゴーグルをおかけになっておられます。

ん?


ゴーグル!?


いや。
明らかにスキーゴーグル。
サングラスとかじゃなくてゴーグル。


なんの為に!?


1.その人は花粉症で防ぐにはこの手段しかなかった。
(でもマスクはしてなかった)

2.日頃は眼鏡を使っているのだがその眼鏡が損傷したため仕方なく度入りのゴーグルを着用するしかなかった。
(度入りのサングラスは聞いたことあるけど度入りのゴーグルってあったっけな?そもそも会社にそんなもの置いてるのか?)

3.自宅近くの停留所から家までは単車なのでそのためのゴーグル。
(バスに乗る意味があるのか?)

4.家の方は吹雪でゴーグル無しではつらい。
(フライングしすぎです。)

5.ゴーグルマニア。
(日常的に着用するような人いたらメールください)

6.罰ゲーム。


もう、正直⑥しか考えられません。

他に考えられる可能性、募集してます。

| | Comments (323) | TrackBack (2)

喫煙スタイル

某日本ハムの某プロ野球選手がパチスロやりながらの喫煙が目撃されたそうですね。

確かにですよ。
最近未成年の方々の目立った場所での目立った喫煙が増えているような気がします。

僕の時代ではやはり喫煙といえば

トイレ

でした。

極力目立たないところで
極力目立たないように喫煙。
これが基本スタイルでした。

が、しかしですね。
最近では普通に街で下校途中なのかなんなのかは分かりませんが
チャリンコ二人乗りで煙草ふかしながら颯爽と走ってるわけですよ。


おかしい。

 
いや、喫煙自体がもう悪いと言われる世の中になった今。
余計にひどい状況が生み出されてる。
世の中に反比例するかのように間違った風景がごく当たり前のようになっている。

いやね。
正直、こんなこと言っちゃなんですが
個人的には未成年の喫煙なんてどうでもいいんですよ。
勝手に若い体を蝕んでくれたらいいだけですし、成人だからいいってわけでも正直、無いわけですよ。
でもね。

せめて見えないところで吸え。

と言いたいわけですよ。

先ほども述べたように僕たちの時代では少なくとも現場は隠して痕跡だけは残すようなスタイルだったんです。
堂々と吸うほうがどっちかというとカッコ悪いイメージが強かったのです。

高校時代では合宿中にトイレで吸ったやつのおかげで、就寝中という完全無防備な状態でその部屋の全員が担任に蹴りを入れられたのは今となっては楽しい思い出です。
結局彼は自分のせいで周りに迷惑をかけたという実状に反省してしっかり出頭してましたしね。

喫煙は正直もう、格好のいいものではなくなってきている世の中の流れを今の子たちは理解してないのでしょうか。
本来流行に敏感だと言われてる若い世代が時代を逆行している現状。

もしかしてこれが

新しい流行!?

いやいや。
そんなわけがないし。

かく言う僕も一応

喫煙者

ですけどね。

止めれるように頑張ります。
(頑張り続けて早3年というのは内緒)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | June 2005 »