« 一日限りの吉牛 | Main | 遠き日の忘れ物 »

もったいない闘将

【ロイ・キーン、来季限りでの現役引退の意向示す】
 
 サッカーのイングランド・プレミアシップ、マンチェスター・ユナイテッドの主将、ロイ・キーン(33)が11日、現在の契約が満了する来季を限りに、現役を引退する意向を示した。
 マンUと2002年に4年契約を交わしているキーンは記者団に対して、「契約を結んだ時、これが最後(の選手としての契約)と思っていた。今でも、その考えは変わっていない」と語った。
 ここ数年間、けがに悩まされてきたキーンだが、依然としてチームの精神的な柱。チームのリーグ2位浮上にも、大きく貢献している。

是非、日本に来てください(願)
そのハートを日本に伝播してください(哀願)

ロイ・キーンといえば言わずと知れたマンU(プレミア・マンチェスターユナイテッド)の主将であり、精神的な柱であり、誰にも負けない闘将なのである。
まぁ日本で例えるとすれば

ジュビロ磐田のドゥンガ

なのである。

あの当時の磐田は結束力が強く、間違いなく国内最強だった。
ドゥンガの持つ闘争心、統率力は見事にその当時の磐田に反映されていた。

そしてドゥンガがいなくなってからしばらくして今、ジュビロは低迷せざるをえなくなってしまった。
完全な求心力を失ったからである。

今のJリーグで絶対なるキャプテンシーを発揮できる選手といえば

これといっていない

というのが正直な感想だろう。

現役時代、これまた闘将と謳われたブッフバルトは監督として今、浦和で素晴らしい統率力を発揮している。

日本のサッカーレベルをより一層上げるためにはドゥンガやブッフバルトといった強烈なキャプテンシーを持った選手と交わることが必要なのである。

だからこそ

誰かロイ・キーンを説得してください。

3万円くらいなら僕も出しますよ。

|

« 一日限りの吉牛 | Main | 遠き日の忘れ物 »

「スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/69999/2901102

Listed below are links to weblogs that reference もったいない闘将:

« 一日限りの吉牛 | Main | 遠き日の忘れ物 »